お役たちコラムお役たちコラム

出稼ぎ行く前に確認すべきこと
2020/07/24
出稼ぎ行っている子で、よく聞く言葉があります。

それは

「出稼ぎより今のお店のほうが稼げてたかも、、」

という事です。

せっかく出稼ぎに行ったはいいものの、今のお店の方が稼ぎが良かったので結局帰ってきちゃいました。

こんなことになってしまったら、お店さんはもちろん、自分自身も気まづいですし、時間を無駄してしまったなとも思いますよね?

どうしたらこういう事態を防ぐことができるのでしょうか?

それについて今回は解説していこうと思います。

まず大切なのが

「出稼ぎに行けば稼げる」

そういった単純な考えは捨てた方がいいよということなんです。

最初にみんな期待しすぎなんですね。

それはおそらく、周りで出稼ぎに行った子が稼いだという話しをきいたり

スカウトさんに、ここの出稼ぎ行けば稼げるよと推されたり

そういったことがあって、出稼ぎ行けば稼げるんだという単純な考えになってしまったのだと思います。

もちろん、結果的に稼げたというケースはたくさんあります。

ありますが

「なぜ出稼ぎに行くのか」

といった目的と理由はしっかり持っておいた方がいいでしょう。

例えば

「今の在籍だと稼げないから出稼ぎに行きたい」

というのが理由であれば、もう少しその理由を掘り下げたほうがいいのです。

・なぜ今のお店で稼げなくなったのか
・ほかにいい在籍店はないのか
・出稼ぎ行ったあとその在籍店はどうするのか

そうやって出稼ぎにいく理由を深掘りすると目的が見えてきます。

たとえば

「今のお店で稼げなくなったのは、そもそも出勤数が足りてなかっただけだ。

わたしは通いだとサボり癖がある。

出稼ぎに行くことで、稼ぐのに集中する環境を強制的に作りたいとほんとは思っていたんだ!」

そう気付けると

出稼ぎに行く目的=強制的に稼ぐ環境に身を置くため

となり、出稼ぎに行く理由と目的が明確になりますよね。

そうすると、出稼ぎで頑張っている意味というのが自分で納得できるようになります。

そうすると出稼ぎに行って稼ぎが例え普通だった場合でも、目的がとにかく「出勤する癖をつける、働く!」ということが目的なので頑張れるのです。

あと、友達がいったところと自分が稼げるお店は違うということも覚えておいたほうがいいことです。

「友達がこれだけ稼げたって話を聞いたから自分も行ってみたけど全然稼げなかった。。」

という話はよくあります。

これは

友達が稼げたお店=行けば皆稼げるお店

と思ってしまってることがあります。

たしかに稼ぎやすいお店と稼ぎにくいお店というのはあるのですが

「基本的には自分が選ばれやすいのかどうか」

というのも合わせて考えた方がいいのです。

そうすると、自分の見た目やお仕事のやり方がそのお店と合っているのかという確認を事前にすることができるので、自分が稼ぎやすいお店に出会える確率がアップするのです。

以上の点を抑えれば、出稼ぎに行って後悔する確率を減らすことができると思います。

せっかく自分が頑張りたいという気持ちが湧いてきているので、その気持ちを大切にするためにも是非参考にしてみてください!