お役たちコラムお役たちコラム

風俗の出稼ぎ トラブルが起こりやすいエリア
2021/12/28

こんにちは、出稼ぎとわたしです。

今日は出稼ぎであまりお勧めしないエリアについてです。

これは特に都内の方が出稼ぎに行く時、ここのエリアだとだいたいトラブルが起きるというエリアです。

これは想像つく方もいるかもしれませんが、大阪です。

特に大阪の単価が安めのデリヘルは結構トラブルが起こりがちです。

どんな感じでトラブルが起こるのか。

たとえば

ただで本番しようとしてくるお客さんが多すぎる。

全体的にケチ!

口調が荒くて対応するだけで疲れる、、

といったことです。

これだけ見ると、大阪の悪口になってしまっていますが、わたしは毎月東京と大阪を行き来しているのでわかるのですが、東京の人と大阪の人は考え方が全く違います

特にこれは本当に多いなという違いは、東京の人はその場の雰囲気や空気感を見て察するようなコミュニケーションとる人が多いのに対して、大阪は思ったことや自分の意見ははっきり言う人が多いです。

つまり、東京の人は「言わなくてもわかるよね」という前提なのに対し、大阪の人は「言わないとわからないよね」という前提の違いなのです。

なので、雰囲気を読んだ会話をする東京の人が大阪に行くと、大阪の人のコミュニケーションがガツガツしているように感じるんです。

それが普通のコミュニケーションならまだしも、性を剥き出しの男を相手にするわけですから、女の子は参ってしまうわけです。

じゃあ東京の子は大阪に行かない方がいいのか。というとそんなこともありません。ちゃんと自分の意見をズバッと言える子ならやっていけます。

たとえばこんな感じです。

?「やらせてや〜」

?「いやいや、ムリ!!」

?「なんでなん、他の子はやらせてくれるで!!」

?「ほな、その子指名しいや!なんでうち選んだん?爆笑w」

ちょっと大袈裟ですが、このくらいの返しを淡々とできる子の方がいいと言うことです。

つまり、自分の身は自分で守ると言うスタンスが板についているタイプです。

こう言う子は大阪でもやっていけるし、むしろ人気が出ます。

なぜなら、大阪の人は自分の意見をしっかり言う人の方が好きだからです。

わたしは、昔中学生の時大阪の友達がいたのですが、マジでせっかちなのと、その友達に対して不満なことがあってこっちが何も言わないと「なんなん?はっきり言えや!!」と言葉にするのを求めてきました。

このように、出稼ぎにいく時は、違う国に行くつもりで行かないと、価値観の違いから要らないストレスを生むことになります。

まさに、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」なのです。

相手がどんな環境で普段育っているのかに目を向けていくと、その人のことを「理解」することができるのでお勧めです。

理解できたら納得することができるので冷静に対応することができやすくなります。

ぜひ、参考にしてみてください。