お役たちコラムお役たちコラム

風俗の出稼ぎ 保証トラブル
2021/01/29

今回は風俗の出稼ぎの保証トラブルについてといったテーマで解説していきます。

風俗の出稼ぎで心配されるのが、この保証のトラブルの件についてです。

「ちゃんと支払われるか心配、、現地で下がってしまったりしないかな、、、」

こう思っている方は多いかと思います。

そこで今回は、風俗の出稼ぎで保証が下がったり払われなかったりするケースはどんなときなのかを事前に知っておくことで、それを回避しましょうというお話しをします。

この記事を読むことによって、これから風俗の出稼ぎを考えている方がどんなことに気をつければ保証のトラブルにならずに済むのかがわかるようになります。

それで早速みていきましょう!

体重が事前に送られていたものより増えていた

これがベスト1といってもいいでしょう。

これはどういうことかと言いますと、風俗の出稼ぎというのは、事前にお店にデータを送って(ラインやメールなどで)そこで条件を決めるんですね。

通いの在籍店みたいに、直接面接官と会って合否を決めたりしないので、条件の判断材料が送られてきたデータなんですね。そこに体重を記載する部分があるのですが、その体重が記載されていたものよりも重かった場合、保証が減額あるいは全額カットになるケースがあります。

どれくらい重いと下がったり、カットされてしまうのという話しなのですが、厳しいところだと2キロオーバーすると減額になります。1キロはセーフだけど、2キロはイエローカードで減額。だいたい1万円ほど下がります。

5キロ以上のオーバーだと半額、もしくは全額カットの可能性が高いですね。

現地に行くと体重測定するお店が最近は結構あって、上記のようにオーバーするとそういったペナルティーがあるのです。

まるで格闘家の減量のようですが、ぼくはこのケースが非常に多かったので、出稼ぎの問い合わせで少し怪しいなと感じた場合は、送られてきた体重に+2キロ足した体重でお店に問い合わせをしたりしていました。

そうすると、現地で計算したときにぴったり!もしくはそれでもオーバーする子も中にはいたのですが、、笑

あまり下がらずに済んだりもしたのです。

なので、解決策として体重管理に不安な方は、逆にサバを読んで体重を記載しましょう。

現地に行って下がるとテンションが下がってしまい、あまりよくないですから、この体重記載というものは少し神経質になっておいた方が良いでしょう。

送られてきた写メと全く違った

体重ほどではないですが、こちらも結構多いですね。

最近では加工アプリがめちゃくちゃ進化していて、確かに別人レベルになったりしますよね。それはそれで素晴らしいことなのですが、出稼ぎにおいてはやり過ぎ注意です。

ただ、あまりにも加工しなさすぎるというのもぼくはどうかなと思っています。あまりにノーマル過ぎても全然自分の魅力が伝わらないこともありますよね。少なくともぼくは自信ありません笑

そこら辺はバランスになってしまうのですが、いい写メを撮れてなおかつトラブルにならないポイントが3つありますのでそれをお伝えしますね。

⒈ 光を当てて画質を明るくする

光は正直かなり大事です。これも、光のあてすぎは顔が飛んでしまうのであまり良くないのですが、当てなすぎだと表情が暗く写ってしまったり、目のクマやシワが目立ったりしていい写メが撮れないので光は当てた方がいいです。

一番いいのは、YouTuberが使っているリングライトですね。それを使うと自分の顔が明るく照らされて綺麗に撮ることができます。それがないという場合は自分の部屋の蛍光灯のしたで撮るなり、自分がどこなら綺麗に映るのか場所をいろいろ探してみてください。

全然暗いのと明るいのでは印象が違うのがわかるかと思います。

⒉ 引きぎみで撮る

これも結構大事です。たまに顔写メくださいとお願いすると、ドアップで顔写メを送る人がいるのですが、間違いなく損しています!笑

少し引きぎみで撮ることを心がけてみてください。

どれくらいかというと、自分のバストが映っていたり、周りの背景もわかるくらいに引いて撮るといいです。

そのくらい引くと自分の可愛く撮れる顔の角度とかもつけながら撮れるのでお勧めです。

⒊ 髪を完璧な状態にして撮る

これは結構見落としがちなのですが、髪がボサボサの状態、もしくは仕事終わりかなんかでくたくたになっている状態で撮るのはお勧めしません。

髪というのは結構疲れが出てきやすい部分でもあります。特にブリーチをしたりしていると髪が傷んでぼさっと膨らみやすかったりしますよね。

それだとやっぱりいい印象を与えることができないんですね。

できれば、しっかりトリートメントをして艶を出し、髪をセットするもしくはストレートで綺麗にしておいた状態で撮るのをお勧めします。

写真はそれくらい大事なんですよね。写真一枚でいいお店にいけるかどうか決まってしまうのですから、適当に撮るのではなく、自分のベストショットが撮れるように準備をして、たくさん試し撮りをするのが大事です。

以上が顔写メについてのポイントです。

アンケートが悪い

あまりないのですが、たまにこう言ったケースもあります。

アンケートって大体点数なんですが、何点以下だと良くないのかというと、80点以下はあまりよくないと思った方がいいでしょう。

なぜかと言うと、お客さんはだいたいは抜いているので、大目にみてつけるのが大半です。

中には癖のある人ももちろんいるのですが、アンケートの点数が何枚も80点以下、つまりは60点とか70点とかだと、自分のサービスはあまりお客さんが満足していないと判断した方がいいでしょう。

少なくともリピーターになることはないです。

それを連発していると、お店は「この子は今回の出稼ぎ限りでいいや、、」と思ってしまいます。そうなると、保証全額カットとなる場合もあるのです。

少し厳しいかもしれませんが、保証というのはそれだけ簡単にもらえるものではないということです。

なので、あくまで保証分稼げればいいやという弱気な発想は捨てて、本気で稼ぎに行くぞ、そのためなら本指名ばんばん返してやるぞくらいの意気込みが必要です。

むしろこの子なら、今回割れた保証を払ってでもまた来て欲しいと思われることが大事なのです。

12時間待機の連勤なので、かなり大変なことではあるのですが、それくらいの意気込みでいる必要があります。

ただ、無理のし過ぎは良くないので、間に休みを挟むなど、自分の体とよく相談した上でスケジュールを組んだりお店の人に相談するといいでしょう。

出稼ぎ中に休みを入れることは少しくらいなら全く問題ありません。

まとめ

以上が出稼ぎの保証トラブルになり得るケースです。

他にもいくつかあるのですが、今回は王道トップ3をあげました。

他のトラブルに関してはまた別の記事であげようと思います。

出稼ぎのご相談やこういうことが心配で。。などありましたらお気軽にラインの方にご連絡ください!

良い出稼ぎで終われるように正しい知識をつけて共にがんばっていきましょう!